運行管理者試験〈貨物〉合格大作戦

必要最小限の努力で運行管理者試験合格を目指す。

運行管理者〈貨物〉とは?

f:id:unkangoukaku:20210706033845j:plain

 

トラックの安全な運行管理のスペシャリスト

 運行管理者〈貨物〉とは、トラックの安全な運行を管理するためのスペシャリストであり、国家資格です。

 

運送会社は、営業所ごとに運行管理者を選任しなければなりません。

 

29台までなら1名以上、30~59台なら2名以上、60~89台なら3名以上…というように、トラックの台数に応じて、必要な運行管理者の数が決まっているのです。

 

一部の例外を除き、運送会社の営業所には、必ず運行管理者が存在しています。

 

運行管理者はどんな仕事をしているのでしょうか?

 

例えば、以下のような仕事をしています(他にもいろいろあります)。

 

○ドライバーの乗務割の作成

○乗務記録(日報)の管理

○休憩・睡眠施設の管理

○ドライバーの指導・監督

○点呼

 

などなど仕事内容は多岐にわたりますが、そのどれもがトラックの運行の安全を確保するための業務なのです。

 

○ドライバーの乗務割の作成

無理のない勤務時間・乗務時間を定めて、過労運転を防止しよう!

○乗務記録(日報)の管理

危険な運転や無理な運行をしていないか、チェックしよう!

○休憩・睡眠施設の管理

ドライバーが事故を起こさないよう、ゆっくり休めるようにしよう!

○ドライバーの指導・監督

安全を確保するために必要な運転技術や守るべきルールなど、しっかり教育しよう!

○点呼

顔つきや態度の変化など直接観察して、ドライバーの疲労や健康状態等を細かくチェックしよう!

 

すべての業務が、トラックが事故を起こさないようにするため、トラックの運行の安全確保という目的につながっています。

 

運送会社は、トラックが事故を起こさないよう、安全に運行できるような体制を整えていかなくてはなりません。

 

この安全体制を確立するために、中心的な役割を果たすのが運行管理者です。

 

一言で言うならば、運行管理者は「安全」のために存在しているのです。

 

どうすれば運行管理者になれる?

 

f:id:unkangoukaku:20210701231839j:plain

 

運行管理者は、運行管理者資格者証(以下「資格者証」)の交付を受けている者の中から選任しなければなりません。

 

運行管理者になるためには、資格者証をゲットする必要があるわけです。

 

では、どうすれば資格者証をゲットできるのか?

 

次の2つの方法があります。

 

  1. 運行管理者試験に合格する。
  2. 事業用自動車の運行の安全の確保に関する業務について一定の実務の経験その他の要件を備える。

 

2.の方法はひとまず置いておいて、運行管理者になるためには、試験に合格する必要があるということです。

 

www.unkangoukaku.com

 

このブログでは、必要最小限の努力で運行管理者試験に合格するためにはどうすればいいか、とことん追求していきたいと思います。

 

まとめ

  • 運行管理者は、トラックの安全な運行管理のスペシャリスト
  • 運行管理者になるためには、運行管理者試験に合格すべし