運行管理者試験〈貨物〉合格大作戦

必要最小限の努力で運行管理者試験合格を目指す。

車検証の有効期間は1年か?2年か?

f:id:unkangoukaku:20210828133019j:plain

 

新車のマイカーなら3年

あなたが新車のマイカー(普通車)を購入した場合、車検証(自動車検査証)の有効期間はいつ切れるでしょうか?

 

答えは、3年後です。

 

新車を買って3年経ったら、ディーラーや整備工場などにお願いして、車検を受けなければなりません。

 

その後(2回目以降)は、2年ごとに車検を受ける必要があります。

 

ここまでは、ご存知の方も多いかと思います。

 

では、トラックの場合はどうでしょうか?

 

トラックなら原則1年、大型じゃなければ2年

f:id:unkangoukaku:20210828133209j:plain

 

新車のトラックの場合は、車検証(自動車検査証)の有効期間は1年です。

 

トラックはマイカーに比べて走行距離が長く、車体の損耗も激しいため、1年ごとの車検が義務付けられているわけです。

 

ところが、これには例外があります。

 

車両総重量8トン未満(8,000キログラム未満)のトラックについては2年なのです。

 

そんなに大きなトラックじゃなければ、2年ごとの車検でいいよ、というわけですね。

 

ここまでの話を整理してみましょう。

 

新車のマイカーは3年

トラックは1年

(たくさん走るから1年ごとにチェックしよう)

車両総重量8トン未満のトラックなら2年

(そんなに大きくないなら2年ごとでいいよ)

 

こんな風に整理すると、覚えやすいのではないでしょうか。

 

ちなみに、2回目以降は、車両総重量に関係なく、トラックの車検証の有効期間は1年になります。

 

車両総重量8,000キログラム未満のトラックの初回だけが例外(2年)なのです。

 

試験でポイントになるのは、「車両総重量が8トン未満かどうか」。

 

そこを見極めるだけです。

 

実際の試験問題を見てみましょう。

 

8トン未満かどうかを見極めろ!

f:id:unkangoukaku:20210828133411j:plain

 

令和2年度第1回の問10、選択肢2をご覧ください。

 

2. 初めて自動車検査証の交付を受ける車両総重量7,990キログラムの貨物の運送の用に供する自動車については、当該自動車検査証の有効期間は1年である。

 

「貨物の運送の用に供する自動車」とは、要するに、緑ナンバーのトラックのことです。

 

車両総重量7,990キログラム→8トン未満ですから、有効期間は2年です。

 

だから、この選択肢は「誤り」となります。

 

続いて、平成30年度第2回の問10、選択肢4もご覧ください。

 

4. 初めて自動車検査証の交付を受ける車両総重量8,990キログラムの貨物の運送の用に供する自動車については、当該自動車検査証の有効期間は1年である。

 

車両総重量8,990キログラム→8トン以上ですから、有効期間は1年です。

 

だから、この選択肢は「正しい」です。

 

車検証の有効期間は1年か、2年か。

 

それは、車両総重量が8トン以上か、8トン未満か、それを聞いているだけです。

 

整理して覚えておけば、簡単に解くことができます。

 

最後に、どうしても覚えられない方のために、語呂合わせをひとつ。

 

8トン未満→2年

(ハミ●ンニッコリ)

 

 

下ネタ失礼いたしました。

 

まとめ

  • トラックの車検証の有効期間は、原則1年!
  • 車両総重量8トン未満なら、初回のみ2年!!