運行管理者試験〈貨物〉合格大作戦

必要最小限の努力で運行管理者試験合格を目指す。

自動車の登録がらみで覚えておくべき、たった2つの例外

f:id:unkangoukaku:20210901214453j:plain

 

基本は「15日以内」

自動車は、国土交通大臣が管理する自動車登録ファイルに登録しなければ、走らせてはいけません。

 

自動車登録ファイルには、「自動車登録番号」とか「所有者の氏名及び住所」とか「型式」とか、とにかくその自動車に関するいろいろな情報が記載されます。

 

記載されている情報に変更があったら、その旨を申請しなければなりません。

 

「引っ越して住所が変わった」「結婚して氏名が変わった」

→変更登録

 

「自動車を売買したので、所有者が変わった」

→移転登録(一般的には「名義変更」という)

 

「自動車を廃車にした」

→抹消登録

 

これらはすべて、その事由があった日から「15日以内」に申請しなければなりません。

 

自動車の登録がらみは、基本的に「15日以内」です。

 

「変更は15日以内」とか「抹消も15日以内」とか、いちいち細かく覚える必要はありません。

 

というか、そういう覚え方をしても、あまり意味がありません。

 

「自動車の登録がらみは、15日以内」とざっくり覚えておけばいいのです。

 

ただし、試験対策としては、以下の2つの例外を完璧に覚えておく必要があります。

 

例外①:臨時運行許可証は「5日以内」に返せ!

 

f:id:unkangoukaku:20210901214610j:plain

 

臨時運行許可制度」というものがあります。

 

車検が切れた自動車を検査するために運輸支局等まで回送するなど、やむを得ない場合に、特例的に運行を許可する制度です。

 

「仮ナンバー制度」といったほうが、イメージしやすいかもしれません。

 

臨時運行許可の有効期間は、特別な場合を除き、5日を超えてはなりません。

 

あくまで一時的な許可なので、短いわけです。

 

さらに、有効期間が満了したら、「5日以内」に臨時運行許可証と仮ナンバーを返納しなければなりません。

 

悠長に15日も待ってくれません。

 

「臨時の許可なんだから、終わったらさっさと返せ」というわけですね。

 

時運行許可」という言葉が出てきたら、「5日」です。

 

「リンゴ」とでも覚えましょう。

 

令和2年度第1回の問9、選択肢2をご覧ください。

 

2. 臨時運行の許可を受けた者は、臨時運行許可証の有効期間が満了したときは、その日から15日以内に、当該臨時運行許可証及び臨時運行許可番号標を行政庁に返納しなければならない。

 

臨時運行許可番号標」とは、仮ナンバー(赤い斜線の入ったナンバープレート)のことです。

 

「15日以内」ではなく、「5日以内」です。

 

だから、この選択肢は「誤り」となります。

 

例外②:使用停止を命じられたら、「遅滞なく」!

f:id:unkangoukaku:20210902182749j:plain

 

整備不良の自動車は、使用停止命令を受けることがあります。

 

「危ないから乗っちゃダメだよ」というわけですね。

 

使用停止命令を受けたら、車検証(自動車検査証)を返納し、さらにナンバープレートも取り外して持っていかなくてはなりません。

 

車両法第20条(自動車登録番号標の廃棄等)

2 登録自動車の所有者は、当該自動車の使用者が道路運送車両法の規定により自動車検査証を返納したときは、遅滞なく、当該自動車登録番号標及び封印を取りはずし、自動車登録番号標について国土交通大臣の領置を受けなければならない。

 

自動車登録番号標」とは、ナンバープレートのこと。

 

「封印」とは、ナンバープレートを固定するボルト上に被せるアルミ製のキャップ状のもののことです。

 

赤字で書いた「遅滞なく」がポイントです。

 

「遅滞なく」とは、「事情の許す限りはやく」、というニュアンスの言葉です。

 

「車検証を返納したら、すぐに、ナンバープレートも持ってこい」というわけです。

 

悠長に15日も待ってくれません。

 

使用停止命令を受けるようなヤバい状態なわけですから、さっさとしなさい、ということでしょう。

 

「使用の止」という言葉が出てきたら、「滞なく」です。

 

「テイチ」とでも覚えましょう。

 

令和元年度第1回の問9、選択肢1をご覧ください。

 

1. 登録自動車の所有者は、当該自動車の使用者が道路運送車両法の規定により自動車の使用の停止を命ぜられ、同法の規定により自動車検査証を返納したときは、その事由があった日から30日以内に、当該自動車登録番号標及び封印を取りはずし、自動車登録番号標について国土交通大臣に届け出なければならない。

 

使用停止命令を受けたのに、「30日」も待ってくれるはずがありません。

 

「遅滞なく」ですので、この選択肢は「誤り」です。

 

ちなみに、この選択肢は最後の部分も誤っています。

 

国土交通大臣に届け出なければならない」ではなく、「国土交通大臣の領置を受けなければならない」です。

 

「領置」というのはあまり聞き慣れない言葉ですが、刑事訴訟法上の用語のようです。

 

強制的な方法ではなく、任意に提出された物などを裁判所や捜査機関が取得する処分で、「押収」の一種だそうです。

 

「悪いことをしたから、預かっておくよ」みたいなイメージですかね。

 

いずれにしても、使用停止命令を受けるというのは、ヤバいことなわけです。

 

ヤバいからこそ、「届け出」じゃなくて、「領置」。

 

ヤバいからこそ、「30日以内」とか「15日以内」とか待ってくれるわけなくて、「遅滞なく」。

 

そんなイメージを持っていただけたら、と思います。

 

まとめ

  • 臨時運行許可証は、有効期間が満了したら「5日以内」に返せ!
  • (整備不良などで)使用停止を命じられたら、「遅滞なく」やれ!
  • それ以外のことは「15日以内」にやれ!